38度。体温計をあたしから受け取った理介さんは、途方に暮れたようにため息をついた。

「下がらないなぁ…」

 体がだるいと寝込んでから4日。なかなか熱が下がらずにいるあたしを、理介さんはずっとあたしにかかりきりで看病してくれている。

 氷枕を取り替えてくれたり、パジャマを着せかえて汗を拭いてくれたり、お母ちゃんに教えてもらってお粥を作ってくれたり…。この4日間、理介さんは仕事のことも一切口にしないで、あたしのことを気遣っていた。

「理介さん、仕事は大丈夫なの…?」

「大丈夫だよ。雑誌の連載は穴を開けても代わりがいるけど、お前が抜けたらオレはどうなるんだよ」

「理介さん…」

 潤んだ目で、理介さんを見上げた。理介さんの愛情がいっぱいに伝わってくる。

 一久さんやテル坊や、他のみんなもお見舞いに来て、みんなあたしを励ましてくれた。だけど、他の誰かからのどんな励ましの言葉よりも、理介さんのたったそのひと言が、あたしには何よりも嬉しかった。

「小浪、何か欲しい物はないか?」

 理介さんは、優しくあたしにそう問いかけた。でも、あたしは首を振る。

「ないよ。だって、ずっと理介さんがこうしてそばにいてくれるんだもん」

 熱でぼんやりしているけど、あたしは精一杯に微笑んだ。

「小浪…」

 理介さんは、たまらなく愛おしそうにあたしを見つめている。

「ありがとう、理介さん」

 あたしと見つめ合ったまま、理介さんは身体をゆっくりと前へ倒していく。あたしの身体の上の影が、だんだんと大きくなっていった。

「風邪、うつっちゃうよ?」

「いいよ。小浪にだったら…」

 ゆっくりと瞳を閉じると、理介さんは優しく、あたしに口付けた。




2012/05/01






選択課題・ラブラブな二人へへ戻る 玉ねぎむいたら…のトップへ戻る ワンナイト・ララバイのトップへ戻る