「理介さん、」

 あたしはキッチンから顔をのぞかせて、原稿を書いている理介さんを手招きする。

「何だよ小浪。今原稿書いてるんだから…」

 そんなこと、今のあたしには関係ないでしょ?

「いいから、ちょっと来てよ」

 強引に理介さんの手を引っ張って、キッチンに連れていく。当然抗議はされるけど、聞こえないふり。

「小浪、一体これは何のマネなんだ?」

 怒っている理介さん。だけど、気にしない。それよりも、もっと大切なことがあるんだから。

「見てよ! シチュー作ったんだけど、こんなにうまく作れたの初めてなのよ? だから、理介さんに最初に味見してもらおうと思ったの!」

「何だそんなことかよ。仕事あるんだから戻るぞ」

 何よ。せっかくこんなにおいしそうに作れたっていうのに。作業場へ戻ろうとした理介さんの腕を掴んで、コンロのほうへ連れて行った。

「ダメよ。絶対に味見してもらうんだから」

 お玉にシチューをひとすくいして、小皿に盛って理介さんに差し出した。これで味見しないなんて、言うはずないよね?

「わかったよ。味見すればいいんだろ?」

 渋々、小皿のシチューをすする理介さん。あたしはただ、「おいしいよ」のひと言を心待ちにウズウズしている。

「どう? おいしいでしょ?」

「ああ、おいしいよ。じゃあ、もうこんなことで呼び出すなよ」

 素っ気なくて、なんかそんなことどうでもいいみたいなその言い方、気に入らない。あたしは理介さんの前にまわって、通せんぼをする。

「そんな言い方しないでよ。もっと嬉しそうに『おいしい』って言ってよ!」

「…しょうがねぇなぁ。おいしかったよ。これでいいんだろ?」

 ちょっと嫌々っぽい言い方が気に入らないけど、少しでも笑ってくれたからこれで許してあげようかな?


 そして、お昼過ぎのこと。

「理介さん、原稿出来た?」

 今のセリフはあたしじゃなくて、原稿を取りに来たアケミちゃん。

「出来たよ。はい、」

「ねぇ、今回の『ボルちゃん』はどんな話なんですか?」

 興味津々な顔で、アケミちゃんは理介さんを見つめる。

「それはだな…」

 理介さんは腕組みして、漫画のあらすじを話し始めた。

「えー? 教えて下さいよぉ〜」

 でも、肝心なところを話そうとしない理介さんに、アケミちゃんは駄々をこねながら理介さんに顔を近づける。

「しょうがないなぁ。アケミちゃんにだけ…」

 なんで、あんな女にニヤニヤしてるのよ。もう、許さないんだから。

「わぁ!」

 かがんだままこっそり理介さんに近づいて、あたしは思いっきり背中を押した。

「なっ、何するんだよ」

「ウフフ、ちょっと驚かしてみただけ」

 思いっきり驚いている理介さんに、無邪気な笑顔で答えるあたし。これにはアケミちゃんも目をまんまるにしちゃってるわ。


 夕方近くになって、理介さんも下宿に帰って来た。

「理介さん、お帰りなさい!」

 あたしは笑顔で出迎えたけど、理介さんはどうやらご立腹みたい。

「小浪、今日は何なんだよ。オレへの嫌がらせか?」

「そんなわけないじゃない。あたしはただね、」

 あたしは隣に座っている理介さんにもたれかかり、上目遣いで見つめた。

「ただ、どうしたんだよ…」

 もう、しゃべらないで。あたしは目を閉じて、理介さんの言葉を飲み込んだ。

「小浪…」

 何がなんだか、さっぱりわからないような顔をしている理介さん。その理介さんの顔が面白かったから、あたしは思わず笑ってしまった。

 今日は、いろいろ困らせちゃってごめんなさい。でも許してね、あたしは理介さんが好きなんだもの。




2011/06/18






玉ねぎむいたら…のトップへ戻る ノベルコーナートップへ戻る ワンナイト・ララバイのトップへ戻る