夕食の準備をしているあたしのところに、何かを言いたげにテル坊が寄ってきた。片手に雑誌を持っている。

「ねえ小浪、これ見た?」

「何のこと?」

「これ。動物占いだって!」

「動物占い?」

 聞いたことがない。あたしは首を傾げた。

「誕生日とかから、その人を動物に当てはめるんだよ」

「ふうん。面白そうじゃない。テル坊は何の動物なの?」

「何かわかる?」

「うーん……」

「わからない?」

 あたしが腕を組んで考えている隙を狙って、テル坊が出来たばかりのおかずのほうへ手を伸ばしている。もちろん、見逃すわけがない。

「こら!」

 お手付き。チェッ、とテル坊は少し悔しそうな顔をしていた。

「まったく、油断も隙もあったもんじゃないんだから…」

 そこでひらめいたあたしは、「わかった!」と手をぱん、と叩いた。

「そんなコソドロみたいなことして…。そういうの『頭の黒いネズミ』っていうだろう?」

「バレちゃったか…」

「ぴったりだよ」

「小浪だってピッタリだよ」

 悔し紛れにテル坊は反撃するように言う。ちょっと嫌な予感…。

「何で?」

「小浪はネコだもん」

「あんたにしてはいいこと言うじゃないのぉ。どうよ。ぴったりでしょー?」

 そう言って目をぱっちりとしぱたかせると、テル坊はプッと吹き出した。あたしは口をへの字に曲げる。まったく失礼しちゃうよ。

「何だい。わからない子だよ」

「じゃあ、理介さんは何だと思う?」

「そうだねえ…。やっぱりあれしかないよ。サル山の親分! うん、ぴったり!」

「ヘヘッ、じゃあ理介さんにそう言ってこよーっと!」

「あっ! 待てテル坊!」

「ほら、すぐそうやってカッとするとこがぴったりだよ!」

 工房のほうへ逃げると見せかけて、「もーらい!」とおかずをつまんで、あたしはテル坊にまんまとかわされてしまった。占いの結果は散々だし、もう…。

 だけど、あとで理介さんの占い結果を見てみたら、本当にサルだったの。占いって、結構あなどれないね?




2013/04/03






玉ねぎむいたら…のトップへ戻る ノベルコーナートップへ戻る ワンナイト・ララバイのトップへ戻る